So-net無料ブログ作成

41日目!タルチョが飛んでいく -ダラムサラ- [インド旅行記-ダラムサラ-]

青空と旗.jpg
《青空とタルチョ》

ロサールで行った大きな寺の裏手にある山に巡礼路があり、
山寺にタルチョが風にたなびくそんな風流な場所があるらしい。


しずかちゃんは特にその場所がお気に入りで
ダイエットというご利益のため、毎朝その道を歩いているらしい。

今日はオレもそれに付きあおうと
巡礼路の入り口で待ち合わせをしていた。

ちなみにドラえもんも誘ったが
山を歩くなんて意味がわからん!と独自理論を展開され断られてしまった。

dharamshala (12).JPG
そして待ち合わせ場所で待つこと15分・・・
こにゃい・・・しずかちゃんこにゃい・・・

すでに約束の時間から10分は過ぎている。
しずかちゃんめ・・・インド慣れしすぎだよ!

もう待ってられるか!と電話をすると、
しずかちゃんはもう入り口にいるという。
はい?オレはどこのパラレルワールドに迷い込んだというのであろう。
ここには犬とおばちゃん以外誰もいないぞ?

電話の向こうでは、しずかちゃんが呆れたような声で
「もういいから、そのまま歩いて山の寺まで来なさい。」と電話を切った。

dharamshala (13).JPG
まぁ、いいかと巡礼路である山道を歩く。
山道の中途にはマニ石という祈りの梵字が書かれた石や、
小さな祈祷所のような物があったりと
道行く者の目を楽しませてくれる。

そして十五分ほど歩いただろうか。
思ったよりも大きな寺のある広場についた。
dharamshala (10).JPG

そこを見渡すとしずかちゃんがベンチで座っていた。

あれ?なんで?すれ違わなかったよね?と聞くと
やはり彼女は呆れたように「やっぱり・・・」とつぶやくと
「のび太くんは逆から入ったのよ。」と言うではないか。
えと、どういうこと?

聞くとチベット仏教において巡礼とは
右回りつまり時計回りに回るのが作法なのだという。
「マニ車だってみんな右回りに回してるでしょ?」

なぜそれに気付かないの?と冷たい視線がオレに突き刺さる。
なるほど、つまりオレは逆方向から回ってきてしまったらしいのだ。

ふーん、いやちょっと待って!じゃあボクにご利益は・・・?
「ないよ。さすがのブッダもマヌケは救えないよ。」

なんだと!!じゃあ!なんだ!?
オレのささやかな夢はかなわんのか!?

「ふぅー・・・一応聞くけど、どんな夢?」

0000002.jpg
えーとね、かわいくてグラマラスでマーベラスな姉ちゃんたちに揉みくちゃにされて・・・

ごふっ・・・イタイよぉ・・・

しずかちゃんの見事なローキックが入る。
そして行くぞ?と顎をしゃくるしずかちゃん。

はい・・・すいませんでしたぁ・・・とうなづきながらも

よいご褒美でござるなぁ。さすがチベットのマンマンチャンや。
ささやかな夢が叶ってるじゃん!と
心の中で思っていたことはここだけ秘密だ。
dharamshala (9).JPG

そして、寺の裏手にゆくと、
ところ狭しと風にたなびく美しいタルチョ達がたなびいていた。
無数のタルチョに目をとられ
オレは理不尽な痛みを忘れていった。

小高い丘に腰を降ろし
この青の空に染まるタルチョを見る。
その美しさはどれだけ見ていても飽きない。

そして、予定もなにもないこの生活・・・
時間はたっぷりあるんだよな・・・とのんびりタルチョを眺め続ける。 

また、タルチョが風に吹かれていた。



Sponsored Links



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。