So-net無料ブログ作成
検索選択

インド トラブルのまとめ① [インドの基本情報]

dispute.jpg

インドの治安

アジア某国で最初に聞いたインドという響き。
そこから脳裏に浮かぶのは
怖い、汚い、下痢、犯罪など、ロクでもないイメージでした。

初めてムンバイ空港に降りたった私のつぶらな瞳には
インド人の全員が敵に見えました。

ですが、実際、治安はよかったように感じます。
というのも暴力沙汰が少ないからです。

危ないとこに近寄らない、人通りのない路地を夜中歩かないとかの
痴漢対策レベルの注意さえしていれば、
まず暴力的な襲われ方をすることはないでしょう。

ただし詐欺ボッタクリは日常茶飯事です。

INDIA Public.jpg


詐欺、ボッタクリ等犯罪

詐欺ボッタクリは「地球の歩き方」でもかなり多くの比重が置かれる重要項目です。

読んでみると、やれ騙された、襲われただの
恐ろしいインド特集を楽しむことが出来ます。

実際はどうか?というと、
先程申し上げましたとおり
暴力沙汰はまだしも、絶対騙しはあります。

日本人は断る時も、ニコニコと灰色の回答でお茶を濁しますが
これはインド人からすれば、イケるやん!これ!のサインです。

ガンガン攻めて来られますよ。

不要なものにはNOといえる小栗上野介のような日本人を目指しましょう。
脚注:小栗上野介:幕末にアメリカンのムチャな貿易条約に
NOを言いまくったオッサンです。

また、地球の歩き方のトラブル事例を他山の石とせず
どうすれば、回避を出来るか?もし起こったらどう対処するか?をシュミレートしておきましょう。


dispute2.jpg


トラブルの対処法


トラブルは起こさないのが最良ですが、まぁ不可能です。
リキシャに乗って、多めのカネを要求される小さなトラブルは日常茶飯事です。

そんなかわいいトラブルの場合ですが
私の場合、基本的にプライドが高いインド人の特徴を利用しました。
プライドの高い人が主張を曲げることがないのは世界共通です。

わからず屋に直球勝負で挑んでも、最後はただの怒鳴り合いになり精神的にも疲れます。
認めつつ、ずらしましょう。話題を、本筋を、そして結論を。

変化球まみれの日本人相手に自分の要求を通す難しさに比べれば、
彼らは超単純で御しやすいはずです。

200ルピー?お前は素晴らしいやつだ!
そんな奴が騙しなんかするはずがないよな!と褒め殺しの計を使いましょう。

プライドが高いというのは自己顕示欲が強いということですので
意外と簡単にお?そうか?と納得してくれたりします。
もちろん、ダメな時はダメでしたが・・・

こりゃあかんと思ったら、まわりのインド人に助けを求めてください。
インド人はいい意味でもおせっかいなので、すぐに助けてくれます。
状況を説明し、人民裁判に全てを賭けましょう!

相手も人間です。怒鳴られてもビビらず笑顔で対応を。
まぁ、私は足が震えてましたが。



Sponsored Links



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。