So-net無料ブログ作成
検索選択

インド バスの情報 [インドの基本情報]

india bus.JPG

長距離バスならスリーパーシートを取りましょう。

シートに座って行くのもありっちゃ、ありですが・・・

そうですね・・・
まず、市バスの運転手を暴走族に変更。
その市バスを30年間ノーメンテのものに変更。
もちろんシートも木材レベルのケツ痛素材に変更。
アスファルトで舗装された道をでこぼこ荒れたオフロードに変更。

この条件でも、十時間ぐらいなら耐えられるぜ?って方なら問題なしです。

そんな七難八苦愛好者以外はスリーパー
寝転がってポケポケしましょう。
寝てしまえばあんまり気になりません。

あと横にある読書灯は故障率100%ですので夜は真っ暗です。

【期間限定送料無料】☆【期間限定送料無料】GENTOS HEADWARS ジェントス ヘッドウォーズ LEDヘッドライト HW-999H【smtb-u】
←こういうの日本から持って行くと便利です。
本を読む時など重宝します。
 
 
そしてバスは電車以上に街のどこに着くのかがわかりません。

おそらく終点に集まるリキシャマン(悪)もそれを知っているフシがあり
かなり高確率で私達、子羊をダマしてきます。
行き先を告げても、超遠いから300ルピーな!とか言っておいて
3分で着いたりしますからね。
降りた瞬間、すぐバトルですよ。

休憩時間にでもインド人乗客か、
押しの強そうな西洋人を仲間にしましょう。
他力本願は悪いことじゃないです。



Sponsored Links



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。