So-net無料ブログ作成
検索選択

28日目!レネアの滝へ観光、別れの時 -カジュラホ- [インド旅行記-カジュラホ-]

00045 (2).JPG

サイバーカフェに電車のチケットを取りに行く。
実はナッパとアンバーは今日の深夜、ここを立つ予定だ。


というのも、ナッパは五日後にはコルカタから香港に帰国する予定なのだが、
なんとかオレが来るまではと、日程をギリギリまで調整して
ここカジュラホに留まってくれていたらしい。

今日でお別れというのも寂しいが、コレは致し方ないことである。

しかし、前日までコルカタ行きのチケットはWL20(20人待ち)になっており
今日になるまでチケットが取れるか確約はできないとチケット屋に言われていたようだ。

*脚注 インド旅行をされる方は電車の予約時にWL(waitng list)に悩まされることも多いかと思います。
なんでこんな便に?というのがWL200とかになっていたりすることがあります。
大体、一日で30ぐらいのペースで予約待ちは減っていきますが・・・
はやめに予約しましょう。
 


サイバーカフェに着くと、禿げたオッサンが
「おお、取れてたよ。」とチケットを彼らに手渡した。

大丈夫だろうと思っていたが、よかった。

ついでだし、オレも予約取ろうかなと、おっさんに声をかける。

アグラーまでの電車の便ってあるの?
「アグラー?あるにはあるが・・・多分、直近のは埋まってるぞ?」

うん、とりあえず教えてよ。
「えーとWL320ってでてるな。」

はぁ?

「三日後のやつだが、これはさすがにムリだと思うぞ?」
そ。そうだな・・・
じゃあ、その次のは?

「六日後だな・・・えーと・・・WL150だな。」
うわぁ、取れると思うけど微妙・・・
ってか、オレ一人でこの村に一週間近く足止めってことかよ!

もうメインの遺跡は見ちまったんだぞ!


「あー、そりゃツラいなー」

「じゃあさ、街のハズレだけど、インドのナイアガラって言われてる滝があるぜ?」
え、滝?

「おう、リキシャなら300ルピーぐらいで行ってくれるぞ。」

うーん、あまり滝には興味がないが
このまま一日、村でのんびりするのもつまらないよな。

「行きましょうよ!」「そうっすよ!」じゃあ、行きますか!!!
日仏
三国会談で一秒で満場一致。滝に行くことになる。

そして、盛り上がるオレ達におっさんは、
「まあ乾季だから滝なんて流れてないと思うけど。」
さらっとトンデモナイことを言い出す。

えーと、それは滝じゃないよね・・・
なんて微妙なところを紹介するんだ・・・


かと言ってすることもないのも事実なので
ナイアガラじゃなくてグランドキャニオンに行くんだと
自分自身に言い聞かせ、暗示をかける。


そして、このとぼけたハゲオヤジであるが
実はこのサイバーカフェの店主という顔以外にも
ホテルの客引きという顔も持っているらしい。
いわゆる何でも屋に近い存在だ。

ハゲオヤジは「チケット以外のことでも困ったら声掛けてきな」と、
言い残しパソコンに向き合った。

まぁ、とりあえずアグラー行きの件、頼むよ。と言い残しオレ達は外へ出た。


0027 (18).jpg

レネアの滝に到着する。
目の前には壮大な瀑布が広がる

うわああああああ!!!!すげえええ!!!!

さすがナイアガラだぜ!!!!!











・・・・・・まぁ、そんなはずはなく、崖があるだけだった。

0027 (1000).JPG

これ、一人で行ってたら泣いてただろうな。



そして、村に戻り夜を迎える。

夕食は少し豪華なカレーにした。
こういった場で、猥談雑談で盛り上がるのはもう毎度のことだった。

そして、ふと思いつき二人に尋ねる。
手紙って、インドからでもキチンと届くのかな?
明日からヒマだし、試してみていい?

オレがそう言うと、二人とも「うん、送ってよ!」と
住所を書いた紙を、俺に手渡した。

明日、郵送するよというと
「届いたらメールする。」という
手紙の意義を完全に否定するコメントを頂く。

そして、また猥談雑談に興じ、夜は更ける。


0027.jpg

オレ達は夕食を終え、沐浴池でリキシャをつかまえた。

最後に会えて良かったと、ナッパと抱きしめ合う。

ついでにアンバーも抱きしめた。

身長差のある女性を抱きしめるのは・・・
とても心地よいものでございます・・・

ありがとうな・・・ナッパさん・・・


リキシャは二人を乗せて出発した。

オレは片方のランプが切れたテールランプを、ずっと眺めていた。

そこにあったのは物悲しさではなく、不思議な満足感であった。




Sponsored Links



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。