So-net無料ブログ作成
検索選択

27日目!再会、特別なラッシー -カジュラホ- [インド旅行記-カジュラホ-]

00054 (3).gif

朝、ドアを叩く音が聞こえる。
誰だろう・・・寝ぼけまなこで考える。
そうだ、ナッパだ!

オレは寝間着のまま、ドアを開け、ひさしぶり!と声をかけると
そこには西洋人女性が「ハァイ!」とニコニコと立っていた。

え?ホテヘルなんて頼んでないですよ?

一気に混乱するオレの脳。
とりあえずハァイ?と返すが、オマエだれ?

二回ほど首を傾げると、笑い声が聞こえてくる。
この声は・・・ナッパだ・・・

00054 (14).JPG
《笑みを浮かべるナッパさん》

「いやーすいません。ちとイタズラをw」
とニコニコと近づいてくる。


聞くと、この女性はアンバーというフランス人らしい。
やはりナッパはリシュケシュでナンパをしていたようだ。

ヨガはどうした!?ヨガは?

しかし嬉しさあまり、ナッパに抱きついて再会を喜ぶ。
おいおい、元気そうじゃん!
「はははwのび太さんこそ!」

そして、ついでにアンバーにも抱きついてみた。
・・・ありがとうな、ナッパさん!

27日目!終わり!


---------------------------------------------------------------------


ここから先の話はのび犬という人から聞いた話である。
筆者とはまったく関係がないということを明記しておきたい。

ナッバとアンパーはカジュラホに長く逗留していたようだ。
とりあえず、昼飯でも行きますか!と彼ら御用達のカフェに行く。

カレーをぱくつき、インドであった奇妙な人々について盛り上がるのび犬たち。

「インド人たちってすぐに触ってくるのよ!」
アンパーはこの旅であったセクハラについて語ってくる。

寝台列車で寝ていたら、手が伸びてきてまさぐられたりと色々あったらしい。

女性の一人旅は大変だ。(著者傍白:しずかちゃんは大丈夫かな。)

「それでね、ナッバ君がそういう人にヤメロって怒ってくれたの!」

くっ!このリア充め!これはチャンスやでwとか思ってたくせに!と日本語で言うと
「まぁまぁw」と微笑んでいる。

彼は最低な男ですよ!とアンパーに伝えようかと思ったが
武士の情けで許してあげた。

言えばのび犬が悪者になりそうだったから、というわけでは決してない。
そーそー、イイ男デスよネーとテキトーに相槌をうってウンウン頷く。


食事も終わり、チャイでも頼もうかな?と考えていると
アンパーがSラッシーと書かれたメニューを最高に良い笑顔でみせてくる。

のび犬はアホウ故に前回注文したことを忘れていたので、なぁにそれ?と可愛く聞く。

「知ってるくせにw」
とアンパーの笑顔はいたずらっ子のそれに変わっていた。

のび犬がうーん・・・と唸っていると、ナッバとアンパーは目を合わせ
「スペシャル3つ!スーパーストロングで!」と同時に叫んでいた。

スーパー?ストロング・・・?彼の心に一抹の不安がよぎる。

00054 (5).jpg

茶色いラッシーを飲んだ彼らは破顔していた。


世界遺産でもあるエロい遺跡(西側のヒンドゥー教寺院)に行き、
死にそうなほど笑っている。

0027 (16).JPG

見て!バックでw!馬とw!!おっぱいがwいっぱいや!
「こっち見てよ!アレよ!4Pwよw!!」
「作ったやつ、頭おかしいっすよw」
ぎゃははっはっははっははwwwww
(著者傍白:一番おかしいの彼らの頭である。)

のび犬は日本語、アンパーはフランス語、ナッバはスペイン語で喋り散らしている。

常識的に考えれば意思の疎通など不可能なはずだが、
不思議と脳内で翻訳されているようだ。


世界遺産に対し大変な無礼を働いた彼らは、近くにある沐浴池にいた。

「フランスじゃあれよw?」
いやいや日本wではだなw!
「いやアルゼンチンではですねw!」

アンパー、のび犬『アルゼンチンみてーなマニアックな国は黙ってろ!!』
「ひ、ひどいっすよw!」

ケラケラと水辺に笑い声が浮かぶ。
そんな彼らに、子供達は興味を持ったようだ。

よく考えてみれば、アジア人と西洋人と国籍不明のトリオが
沐浴地なんかでなにやってんだ?と思うのもムリはない。

子供たちはアンパーに狙いを定め、どこまで近づけるかを試しているらしい。

するとそれに気付いたアンパーが子供を捕まえ、
おもむろに抱き上げ「イタズラ小僧めw助けて!助けて!って命乞いなさいw」と
そのまま池に放り込む素振りを見せた。

0027 (25).JPG
《子供を抱え、水辺に放り投げようとするフランス人》

そのイタズラっ子なドSっぷりに完全にやられる彼らと子ども達。

子供たちもキャアキャア笑い、彼らもケラケラ笑っている。

箸が転げても笑い転げる彼らは
他愛もない話をインドの子供も交え、しゃべり続ける。

0027 (37).JPG


そして、ふと視線を移すと、
笑い声がぷかぷかと浮かぶ池の水面に、ドロドロの夕陽が溶けていた。



*脚注 全く悪い奴らです。真似しちゃダメです!
ただインド人曰く、食事とかのスパイスに使うのは合法だそうです。
ホンマかいな・・・



Sponsored Links



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。