So-net無料ブログ作成

11日目!メヘランガル城へ!路地裏の冒険 -ジョードプル- [インド旅行記-ジョードプル-]

RIMG0134.JPG

ジョードプルは田舎ということもあってインドらしからぬ静寂が俺をつつみこむ・・・


まぁ、そんなわけもなくバイクとか子供の嬌声とか
なんかわからん獣のわめき声とかが俺の耳をつんざく。

そんな喧騒から逃れるように、丘の上のお城を目指し
迷路のような狭い路地を歩いていると、こども達が2人やってきた。

「はろー、どこいくの?」
うん、上のお城行こうと思ってね。

「ぼくたちが連れって行ってあげる!こっちだよ!」

よい笑顔だ・・・

笑顔とは最高のコミュニケーションツールである。
それがこどものものであれば、なおさらだ。

二人の少年といろいろと雑談をしながら歩くうちに
人通りの少ない大きな坂道にやってきた。

「ここをまっすぐ行けば、お城だよ。」
ありがとう、少年達よ。君らのことは忘れないよ。

「えへへ・・・いいんだ。」
「うん、そんなことより100ルピーちょうだいよ!」
「まねー、まねー!」
ホワッ!!???

俺は驚愕した。

ゆとり教育の弊害がこんな僻地にまで波及していたのである。

こんな子供達には世の中の厳しさを教えねばならんと再教育の必要性を感じ、
菩薩よりも優しい笑顔で
「おれ英語わからん、マネーって何?」と英語で答えてやると

このゆとり世代どもは「いやいや、あんたさっきまで英語しゃべってたじゃん!」
「っていうか、今しゃべってるじゃん!まねー、まねー、まねぇぇーー」
と至極まっとうなことをのたまうので、

「おれ日本人だよ?英語わからん。マネーって何?」と
壊れたラジカセのリピート機能のように、
何度も何度も何度も懇切丁寧に答えてやると
「もういいよ・・・」と切なげな表情で俺のもとから去っていった。

彼らには金を稼ぐ難しさを知ってもらえたと思う。
いい経験ができたな、小僧ども。

RIMG0223.JPG

お城は想像以上に大きく、廃墟遺跡好きなオレの心を満足させた。
展望台に登るとこの街がブルーシティと呼ばれる理由がわかるだろう。

異国に来たなと思わせる、ぜひ死ぬまでに見ておきたい景色である。

そして一陣の風を浴びながら、贅沢な景色を目下にチャイを飲む。
オレはマハラジャだ。そんな気持ちになれる。
いい廃墟・・・いや遺跡でした


RIMG0200.JPG
《今回とは別の子どもたち》
この娘たちなら払っていたかもしれないな・・・


RIMG0205.JPG
《あと、そのお爺ちゃんと。》



Sponsored Links



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。