So-net無料ブログ作成

07日目!ボラレてたまるか!リキシャマンとの戦い -アフマダーバード- [インド旅行記-アフマダーバード-]

 bus.JPG


ーーーーー起きろ、こら!着いたぞ!
うるしゃい、目覚ましなってないからまだ寝るのぉ
・・・

ーーーおい、着いたっていってるじゃねぇか!おきろ!!
え、着いたの・・・?

「さっきから言ってんじゃねぇか!おまえ以外の客はもう降りて行ったぞ!」
ほんとぅだぁ。じゃ・・・おりる。

脳みそはあと5分寝かせてよモードであるが、
状況はそれを許してくれない。



外に出るとあれほどいた乗客はどこへやら、
まわりにはリキシャマンしかいなかった。

あうう、ねむいよー。

「おうい!」とその中のリキシャマンがオレに声をかける。
うん?

「リキシャ!」
うん。知ってる。

「駅!ホテルいっぱいあるぞ。」
うん、なんぼ?zzz

「ここにメーターがある。これの通りだ。」
寝ぼけまなこでみると確かにメーターがあり0300と出ている。
じゃあ、おねがい。

「おお、乗れ乗れ!」

RIMG0324.JPG


細い目のまま、5分ほど乗るとすぐに駅についた。

ふーありがとー。なんぼ?
「500ルピーだ!」
うん?

「500ルピー!このメーターのとおりだ!」
はぁ????

「とっと払え!!!!!!!」

くそがぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁっっぁぁぁぁっぁ!!!!!!!!
やられたぁあああああああ!!!!!!!

ち、ちくしょう!
こんな速攻でアジャールに電話をかけるような自体に陥るとは!

だいたい500ルピーってなんだよ!
3日間付き合ってくれたアジャールに払った金と同じじゃねえか!!!!
ふざけんなよ!!!!!!!クズ野郎!!!

しかも、メーターちっとも動いてねぇじゃん!
初めとおなじ『0300』のままだろうが!

しかし辺りを見渡すと早朝でもあり、駅近くだが人通りはない。
ここで怒鳴り散らして、逆上させるとアグラーの学生みたいに・・・

い、いかん!考えろ!考えるんだ!


「おい!聞こえてんのか!カネだ!カネ!」

オレはポケットに手を突っ込み、
彼の肩に手をかけ、まぁ待ってよ。と金を出す素振りを見せた。

しかし取り出したのはカネではなくタバコである。
まぁ、落ち着こう。
これは日本のタバコだ。うまいぞ?吸ってみなよ。
と、みるからに頭の悪そうなリキシャマンに一本差し出す。

どうだ?うまいだろ。
「うん?ああ、まぁまぁだな。それより・・・」

日本ではそのタバコ一本600ルピーするんだぜ?
「な?そんなにするのか!」

・・・するわけねぇだろ。と思いながらも、笑いを噛み殺しうなずく。

ああ、それは日本で一番高いタバコだ。
運賃は500ルピーだったかな?
それは600ルピー、ってことはオレに100ルピーくれるのか?

「は、はぁ!!!!ふざけんな!!!!!」

まぁまぁ、落ち着きなよ。
さっきの道路、大きな穴が開いてたよな?

「それがどうしたぁ!!!!!!」

君は、見事にそれを避け運転していた。只者じゃない。
「お、おう。」

すごい、ドライビングテクニックだった。
「そ、そうか?」

オレにはカネを払う用意がある。とポケットにもう一度手を入れ
50ルピーともう一本たばこを取り出した。

君のドライビングテクニックにはこれだけの価値がある。
600ルピーのタバコ2本、あと50ルピー、これでいくら儲けたと思う?

「すごいな。1000ルピーか。」*脚注 バカだから計算できてない。

そうだ、500ルピーなんて目じゃない。
大儲けだ。このスペシャルなモノを受け取って欲しい。

そう言って無理やりリキシャマンの手にそれを押し込むと、
オレは風のような早さでその場を去った。


バ、バカが相手で助かったぁあああ!
ってか、やばかった!やばかったよ!
インドこえーよ!!!
つーか、バカ!オレのバカ!!アジャールがあんなに言ってたのに!
うわぁあああんんん!
アジャールにあいたいよおおおおおおおおおお!!!!!
 
 
 
 
 
目を真っ赤にしたオレはとりあえず、
近くのホテルに入り、
ウップンを晴らすがごとく鬼のような値段交渉をし
この日は一日ふて寝することにしたのである。

RIMG0004.JPG
《インド旅史上ナンバーワンの汚部屋でした。》

RIMG0326.JPG
《トイレも含めてブッチギリ》



Sponsored Links



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。