So-net無料ブログ作成
検索選択

03日目!街に出よう!-ムンバイ- [インド旅行記-ムンバイ-]

RIMG0017.JPG

翌朝、しずかちゃんからFacebookに連絡が来る。

「のびちゃーん、生きてる?それとももう死んじゃった?」
うわぁ、なんて健康的なドSなんだろう。


不健康なドSを見た後だから、いつもは少しイラッくる彼女の発言がとても神々しく見えてくる。

いっそ挑発してもっと罵ってもらおうかと、後ろ暗い気持ちでいると、
しずかちゃんはどんどん書き込みを続けた。

聞くとドラえもんはゴアに向けすでに旅だったらしい。
しずかちゃんは近くに街があったようで、そこで過ごしているとのこと。


「今日は何するの?」
ああ、エローラ(アウランガバード)までの電車の切符買おうかなと思ってる。


「そっか!そういえば、のびちゃん、服買った?」
おお!それや!さすがはしずかさんやで!!

実は服に関してはTシャツ三枚、Gパン一枚という
一泊二日レベルの超軽量装備でここインドに望んでいたのである。

なぜなら行く前に「怒羅江紋ズ」でインドコスプレするから、
不要な服は持ってくるなと厳命されていたのだ。


「多分、インド服ってムンバイでも売ってるからさ、買っておいたほうがいいよ。」

「アウランガバードって田舎でしょ?たぶん大都市のほうが、センスあると思うんだ。」
といいながら上手に着こなしたインド服の写真をアップロードしてくる。


わぁ、かっこいい!でも、なんかシャレててムカつく。

「あとね、SIMカード買いなよ。」
え?SIMカード?

「そう。某国でSIMフリーの携帯買ったでしょう?」
うん。持ってきたよ。

「それにインドのSIM入れたら使えるよ。
携帯あったらすぐに連絡取れるでしょ。ま、つべこべ言わずに買ってきなさい。」

おさすがである。
インド10日分の経験の差はでかい。

それに携帯さえあれば24時間どこでも罵っていただけるのである。

そう思うと居てもたってもいられず、
はい!それでは買ってくるであります!
上下関係を如実に表したメッセージお送りし、オレは街に駆け出した。

RIMG0020.JPG

何着かインド服を買っていると、探すまでもなくSIM売り場はすぐに見つかった。
というか田舎でもすぐに見つかるレベル。

とりあえずairtelという聞いたこともないキャリアを選び、
必要事項を記入し200ルピーぐらいでSIMを購入し、すぐさま携帯に挿入。

さっそく、しずかちゃんにかけてみる。

もしもーし、あ、しずかちゃん?携帯買ったん、、、
「いま忙しいの!電話してこないで!」がちゃ!!!

さあて、切符でも買いに行くとしよう・・・か・・・

MumbaiSunset.jpg


あの日の夕焼けの色をボクは忘れないよ。

とっても赤い・・・水平に差し込む太陽の光に、
目をヤられてボクは涙が止まらなかったんだ。

でも布団に潜り込んでもなお、涙は止まらなかったのは何故なんだろう。




Sponsored Links



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © インド旅行記 のび太、はじめてのバックパッカー体験記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。